ニュース

    1: Hikaru ★ 2019/07/09(火) 19:56:12.37 ID:n2qh1+pR9
    子どもの人気職業にeスポーツも 女子は教員、クラレ調査
    デイリースポーツ 2019.7.9(Tue)
    https://www.daily.co.jp/society/main/2019/07/09/0012499359.shtml

     クラレは9日、今春小学校を卒業した子どもたちを対象に将来就きたい職業を尋ねたアンケート結果を発表した。

    首位は男子がスポーツ選手、女子が教員だった。
    男子のスポーツ選手の内訳で今回初めてコンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」が入った。

     男子のスポーツ選手との回答で最も人気なのはサッカーで40・9%、続く野球が29・6%。
    eスポーツはバスケットボールを上回る4・3%となり、
    クラレは「部活に取り入れる学校もあり、認知度が拡大しつつある」と分析する。

     女子は教員、保育士や看護師など生活の中で接する機会が多い職業が人気。
    昨年首位の「医師」は9位に転落した。

    ◇ 小学6年生の「将来就きたい職業」トップ10
    no title

    no title

    【【eスポーツがバスケを上回る】子供に人気の職業 男子はスポーツ選手、女子が教員…スポーツ選手の内訳でeスポーツがバスケを上回る 】の続きを読む

    PAKU6300_TP_V1
    1: 名無し募集中。。。 2019/07/03(水) 11:00:36.43 0
    https://www.asahi.com/articles/ASM726HQ9M72UTNB00X.html

     さいたま市立南浦和中学で昨年8月、
    1年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、
    所属するバドミントン部の30代の男性顧問に
    よる部員たちへの暴言などが相次いでいたことがわかった。
    市教育委員会は「不適切な行為」と認めたものの、
    自殺に影響した可能性について、「そうした認識は持っていなかった」としている。

     「顔も悪い」「運動神経も悪い」――。
    昨年12月、学校が全校で実施した部活アンケートでは、
    バドミントン部顧問による暴言の数々が報告されていた。

     市教委によると、顧問は昨年5月にも部の保護者会で、
    「子どもの人格を否定する発言があった」などとして顧問交代を求められたほか、
    同6月の別のアンケートでも「子どもの胸ぐらをつかんだ」と訴えた生徒がいた。
    顧問も「きつい口調があった」などと認め、校長が口頭注意していた。

    【中学1年(13歳)に対しバドミントン部顧問「お前は顔も悪いし、運動神経も悪いな」→自数 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 16:43:12.85 ID:tyd/DjRf9
    ◆ 尾木ママ、小学校運動会の7段ピラミッドに苦言「なんて乱暴な」自身も最上段から落下体験

    「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏(72)が31日、自身のブログを更新。
    大阪府東大阪市の市立小学校で近く予定されている運動会の組み体操に7段の「ピラミッド」が含まれていると報じられたことを受け「なんて乱暴な」と私見をつづった。

    四つんばいの姿勢で積み重なってつくるピラミッドは安全面が問題視されており、吉村洋文府知事も事故の危険性を踏まえて「考え直す時期」と反対の立場を示している。
    尾木ママは「まだ7段ピラミッドやる小学校があるとは?!」とのタイトルで記事をアップし「大阪の東大阪市の小学校では・団結出来る・これまで骨折事故が起きてない・教員が安全の為に張り付くから大丈夫・親からクレームはない理由から実施するとのこと なんて乱暴な なんて子どもの安全・安心意識が弱い学校なのでしょうか?!」と吐露。

    さらに「尾木ママ 中学の時運動会の練習でタワー最上段から真っ逆さまに落ちた恐怖体験ありますーー」と告白。
    「多分余計神経質になっているのだと思いますが なにしろ年間8000人以上が病院にかかり ウチ2000人以上が骨折以上の大怪我していますーー政府の見直し通達出てから7割の学校が組体操をやめました!」とし、「団結なら他の種目でも充分味わえます どうか工夫の交流しながら子どもたちのこと大切に死亡者出す危険は避けて欲しいですね!」とつづっていた。

    スポーツ報知 2019/5/31(金) 14:50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000129-sph-ent

    【【組体操】尾木ママ、小学校運動会の7段ピラミッドに苦言 「なんて乱暴な」 自身も最上段から落下体験 】の続きを読む

    1: 峠 ★ 2019/05/18(土) 21:27:24.29 ID:CAP_USER
     中年と呼ばれる歳になってからボディメイクのコンテスト出場を目指して筋トレを始め、見た目も人生も
    大きく変化したとある男性のビフォーアフター写真が「すごい」「見習いたい!」と話題になっています。

     写真の男性は、現在もメンズフィジークやボディビルなどの大会に挑戦し続けているしらぴょん(@lonestarsde66)さん。
    ツイートで「ある日突然独り身になった、ハゲ散らかした中年オヤジ」と表現する過去の自身の姿と、筋トレを始めた頃、
    そしてボディメイク競技に参加するムキムキに仕上がった今の姿を並べて公開しています。

    約5年前のしらぴょんさん
    no title


     現在40歳を超えているとは思えない若々しさで、コメントでは「お兄さん」に進化してるといった声も寄せられるほど、
    肉体だけでなく全体の印象までも変わっています。見た目のかっこよさに、その裏で続けている努力を感じ、
    そして何より眩しく感じられるほど生き生きとした表情に、「人はここまで変われるんだ」という勇気をもらえます。
    「生まれ変わるなら生きてるうちに」というハッシュタグが心に響く……!

    トレーニング開始から2カ月後
    no title


     しらぴょんさんに伺ったところ、最初の写真が今から約5年前のもので、筋トレ開始から2カ月経って12キロ減量した頃の姿が
    2枚目の写真。さらにそこから4年ほど経った姿が、最後の“アフター写真”とのこと。あらためて比較写真を見ると、
    継続の大切さをすごく感じる……。

    そしてムキムキの現在へ。かっこいい……!
    no title


     離婚して独り身になった当時は「アルコールに頼る日々」だったというしらぴょんさん。しかし、昔ジムでボディメイク大会の
    ポスターを見て「いつか出てみたい」と思ったことをふと思い出し、とりあえず書類審査だけでもと挑戦をスタート。
    ちなみに小学生から高校生までは水泳、大学ではアメフトをやっていたそうですが、就職・結婚後は運動量が減り、
    気づいたらいわゆる“中年”の体型になってしまっていたそうです。

     挑戦を始めた頃を振り返ってみて大変だったのは、やっているトレーニングの内容が合っているのか、
    どんな食事が良いのかなどについて、あまり知識がなかったこと。そのためしらぴょんさんも最初はがむしゃらにやっていたそうで、
    コンテストを通じて知り合った仲間から少しずつ教わったことで、今の姿があると話しています。

     写真が投稿されたTwitterでは「めちゃくちゃかっこいい」「憧れる」といった声から「やる気出てきた」「俺も頑張ろう」など、
    多くの人にきっかけや勇気を与える反響を呼んでいます。また中には、長渕剛さんの曲「人生はラララ」の歌詞からの
    引用である「生まれ変わるなら生きてるうちに」という言葉に感銘を受ける声も。なお、しらぴょんさんは、
    ジムに飾られていたトップボディビルダー・須江正尋選手のサイン色紙でその言葉を知ったそうで、
    「過去を捨てずに新しい道を切り開いて行きたい」と共感する思いを語っています。

    この努力は尊敬しかない
    no title


     しらぴょんさんは現在、ボディメイク競技に挑戦しつつ、パフォーマンスチーム「ALL OUT」のイベントや、
    コスプレイベントなどに参加。そしてツイートでもあるように、コンテスト出場を通じて女性と出逢い、
    今は結婚して幸せに暮らしているとのことです。

    ソース ねとらぼ 05/18 21:00
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/18/news033.html

    【“中年オヤジ”になってから挑戦と筋トレを始めた男性のビフォーアフターに反響 「かっこいい」「勇気をもらった」 】の続きを読む

    1: 安倍ちゃん ★ 2019/05/16(木) 08:05:41.83 ID:l1aErchD9
    トレーニングジム大手のライザップグループは2018年度の決算で、11年ぶりの赤字に転落したと発表しました。

    RIZAPグループ・瀬戸健社長:「反省すべきところは反省して、変えるところは変えて、前を向いて成長していく」
    ライザップグループは去年11月に業績予想を下方修正し、70億円の赤字になるとの見通しを示していましたが、純損益は193億円と赤字がさらに大きく膨らみました。
    ライザップはこれまで積極的に企業買収を繰り返してきましたが、買収先の黒字化が進まなかったということです。新規M&Aの凍結や戦略的な閉店などによって今後、黒字化を実現するとしています。

    (ソース)テレ朝
    結果にコミットできず…RIZAP 11年ぶり赤字転落
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190516-00000002-ann-bus_all
    5/16(木) 5:58配信

    【【トレーニングジム大手】結果にコミットできず…RIZAP 11年ぶり赤字転落 】の続きを読む

    このページのトップヘ